よりよいケアを目指して

看護ケアを重視する看護師に知ってほしい情報をまとめています

最新記事一覧

よりよいケアを提供するために、看護師にはどのような役割があるのか、まずは原点に立ち返って考えてみましょう。看護師の多くは医療施設で働いていますが、それ以外にも介護施設など様々な職場で活躍しています。看護師の役割は大きく二つに分けることができます。それが「診療の補助」と「療養上の世話」です。それぞれの役割を全うすることで、患者さんや利用者に適切なケアを提供することができます。また、患者さんやスタッフ間の仲介役としての役割も求められます。

ここでは、入院患者さんに対して行う清拭ケアについて詳しく紹介していきます。清拭ケアを行うことで、社会的・精神的なケアが可能となります。また、身体が不潔だと疾病の回復に悪影響を及ぼすので、そういった意味でも重要なケアです。看護師以外の職員が行うケースもありますが、看護師が清拭ケアを行うメリットは、患者さんに異常があった際にすぐに気付ける点です。ケアを提供するにあたっては、いくつかの注意点があります。

「看護のお仕事」はキャリアアドバイザーによるサポートのレベルが非常に高い転職エージェントです。通常の求人情報には掲載されていないような転職先の内部情報を教えてもらえます。これは、看護のお仕事に独自の取材力があるからです。職場の人間関係や有給休暇の取得率など、働きやすさに直接影響する情報を事前に知れるというのは、ミスマッチのない転職をするにあたって大きなメリットとなりますので、ぜひ活用してください。

「NURSY career」の専属コンサルタントは、利用者が本当に納得のいく職場を探すために努力を惜しみません。利用者一人ひとりとじっくり向き合い、その方の将来的なプランと希望条件をしっかりヒアリングし、それをもとにじっくりと吟味して理想にマッチする転職先を提案してくれます。もしも、具体的な条件や生活プランが定まっていないのであれば、それも時間をかけて相談できるのが魅力です。大手とはまた異なる形の一人ひとりへのフォローが行き届いています。

よく読まれているのはコチラ!